FC2ブログ
まっとうな人間になりたくて
まっとうな人間になりたくて日々奮闘努力している私の生き様を不定期更新。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/30(月)   CATEGORY: 愚痴
さてさて
 久しぶりの「カテゴリ:愚痴」です。
 
 試験期間が無事終わったら、学科でテスト打ち上げ会ってのがあるんですが、そのメンバーが嫌な奴もいれば、かわいい女の子も来るという、生理的に受け付けない、かつ、色気に誘われてという複雑な感じです。あ~Wと、あんまり話したことのないRちゃんがくるのは、ありえないくらい魅力的なのですが…。
 
 あ~あ、嫌な奴らはさっさと帰省しろよ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/30(月)   CATEGORY: 日記
みんなすげーな!
 いやぁ。みんなの春休みの予定を聞いていたら、
 フランス行くとか、
 
 イタリア一周とか、
 
 ドイツにホームステイやら、
 
 極めつけはヨーロッパ一周!!!
 
 もう、開いた肛門がふさがらんです。↓
 
 失言しました。ここにお詫びを申し上げます。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/29(日)   CATEGORY: 日記
えーーー!
 昨日の話。
 
 英語の勉強をしようとしたら、相棒であり師である電子辞書様がいない!!
 
 どうした、家にはどこにもない、学校に忘れたのか?
 
 やばい!これはやばい!!
 
 、とそこでメール着信。ともだちのO君だった。
 
 「ごめん間違えて木炭屋の辞書持って帰ってたf^_^;」

 おい!!!! orz

よりによってこの忙しい時期に!!!!!! OTZ

 よって今は昔懐かしの紙の辞書を使っております。
 私は人様になにか奢ってもらうことはあまり好きなのではないのですが今回ばかりは大盛定食くらいは奢ってもらわないと…
 
 (´・ω・`)ショボーンばかりもしていられない僕でした。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/28(土)   CATEGORY: 日記
なんだか最近…
 やはり、自分も学生なのだなと、課題、試験の多さに直面している、ここ何週間です。
 
 そろそろ、月曜納めのレポート4枚を始めないと終わらないので、始めたいと思います。(つд`)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/22(日)   CATEGORY: 日記
課題が山積
 これはヤヴぁい。
1.文法書を読んでの感想。
2.プレゼンの準備。
3.文法の講義の予習。
4.レポート4枚。
 
 この4点を明日までに終わらせることなど

 不可能です!
 
 誰か助けておくれやす…。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/01/11(水)   CATEGORY: 日記
む~ん
 「女性恐怖症克服」のために最近していること。
 
 さわやかな笑顔とともにあいさつ。
 
 私は女性を前にすると無愛想になってしまい「怖い人」と思われる傾向があるので、それを改善しようと心がけている。(ささいでちっぽけな事だが…)
 
 さっそく今日の2限、開始前友達と会話しているとき、私が密かに想いを寄せているOさんがっ!
 
 「おはようっ!」
 
…あれっ? スルーですか? (´・ω・`)ショボーン

まぁ、いつも無愛想な奴が突然笑顔で挨拶してきた日にゃあ、さぞかし気持ちわるかったろうなぁ。Oさんごめんなさい…。
 
 しかし、昼休みに日頃からよく話しているCさんに遭遇!
 ここぞとばかり張切る私。
 
 「おつかれっ!」

 すると…
 
 「おつかれっ!」
と元気に返ってきましたよ。いやぁ、うれしかったなぁ。
 
 まぁ、今日あったよかったことってこれくらいだな。
 
 …まだまだです↓↓
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/01/11(水)   CATEGORY: 日記
今日も…
 今年の僕が掲げているテーマ「女性恐怖症克服」
 
 しかし、昨日は一人の女の子とも会話できなかった…。
 一コマしか講義がなかったってのもあるんだろうけど…。

 なさけねぇ…。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/04(水)   CATEGORY: 愚痴
集中講義
 今日の講師は「人間」「うんこ」「チンパンジー」という3単語の主なローテンションで講義を進めていく最悪なヤローだった。あと二日も受けにゃならんのか…。萎え~。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/03(火)   CATEGORY: Rahmens
Golden Balls Live
 昨年の夏、このLiveを観たときに正直、複雑な心境になった。
 まず、ひっかかったのが「…いいのに」と繰り返すネタ。これは「Sweet7」で久ヶ沢氏の台詞に含まれる。Rahmensの公演でもよくみられることだが、過去の公演での既出ネタをたびたび用いる。これは新しい観客に対しての敷居を高くしているように感じる。
 ショックだったのが、「愚問」をテーマとしたネタ。片桐氏が他の4人を斬って捨てる際、効果音がつく。これはCity Boysのネタの一つに酷似しているような気がしたからだ。
 屋上でバレーボールするというネタ。最後にゴリラ役が室岡悟氏だということが明かされるが、これも「零の箱式」やKKP公演などを観ていないと笑うことができない。
 さらにショックだったのが「就職詐欺」をテーマとしたネタ。このなかでフル-チェを山盛りにしている場面がある。これがCity Boys の「丈夫な足場」に出てくるムヒを山盛りにするネタと重なった。これをオマージュというか、パクリというかは言及を避けておく。「強い影響を受けた」といったところか。以前何の舞台かは忘れましたが、片桐氏が、きたろう氏に向かって影響を受けた旨を語られていたので、それはそれでいいんですが。しかしながら他のKKPと比べてRahmens色が濃く出ていたのでよかったと思うのですが。
 
 インターネットで様々な方が書かれたRahmens関係のレビューを見ていると、その大半が小林賢太郎の信仰者達の熱狂的なラブコールである(もちろん批判的な感想もある)。私もRahmensのファンであるのであまり批判はしたくない、しかしながら最近のネタを観ていると興ざめしてしまう。それが何故かはわからない。だからこそ敢えて厳しい視点から観ていきたいと思っている。例えば、「Text」の最後の「銀河鉄道の夜」をモチーフとしたネタ。あれなんか悪い意味で鳥肌立ちましたね。「鯨」あたりからドラマ性のあるコントを手がけていき、それが好評を得て、後の作品に繋がっていったと思うんですが、あのネタだけはどうかと思った。そんな感じです。「金部」なんかは好きですが、あのようなドラマ性はあっていいと思います。
 
 どうでしょうか?
 
 (08.02.02追記)野間口氏も大分有名になられましたね。上記のメンバーの中では一番出ているんじゃないですか?
 
 ブログ拍手ありがとうございます。心の支えになります。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/02(月)   CATEGORY: Rahmens
○ maru
小林賢太郎は自分の死ぬ時期まで計算に入れてそこに向かって、猛烈にダッシュをしているのではないか、と思っている。
 
 Rahmens, NAMIKIBASHI, KKP, Golden Balls Live, そしてPutsunen これはコンビ、笑いと映像のコラボレーション、劇団風、City Boysへのオマージュ、そしてイッセー尾形へのオマージュを次々と消化していっているように感じる。
 
 特にここ一年でのペースが異常にみえて仕方がない。「小林賢太郎」の最終章が「Potsunen」であるような気がしてならない。しかし、過言を承知で述べさせて頂けば、自己満足なのである「Potsunen」は、そこが小林氏の格好の良いところでもあり、痛々しいところでもある。私は何故か観客席と舞台との間にすごい温度差を感じてしまった。そして、再認識した。私は小林氏ではなく、Rahmensが好きなんだと。
 
 だからこそ今度の「○ maru」は楽しみでもあり、怖くもある。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/01(日)   CATEGORY: Rahmens
新年早々
 Rahmensが公式ホームページをオープンしたとの未確認情報を入手。幸先いいスタートを切ったようだ彼らは。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © まっとうな人間になりたくて. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。